教育環境が整った地域の調べ方

住宅

住宅購入は人生で最大の買い物です。

出来れば子供には教育環境が整った場所で過ごして欲しいですよね。

 

現在、もやし旦那家が学区内となっている小学校は真面目に授業を受けない状況と聞きました。
そのような環境で子供を育てて本当に大丈夫なのか不安になっています。

 

住宅購入を検討中の方で住む予定の地域に知り合いが誰もいないと一体どうやって調べれば良いのかわかりませんよね。

そんな方に教育環境が整っている可能性が高い地域だと判断する方法を見つけたので共有します。

同じ悩みを抱えた方の助けになればと思います。

教育環境が整った地域とは

教育環境が整った地域とは一体どんな場所でしょうか。

近くに一流大学、有名進学高校、大きな図書館や博物館などがあることが一つの目安になるそうです。

 

しかし、最終的には住民の質が大きく左右するのではないかと考えています。

一概には判断できませんが、学校に通う子供の世帯年収が高いと総じて教育環境が整っている地域だと言うことです。

 

子供がいて経済的に余裕のあるお家がわざわざ治安の悪い地域に住むはずないですよね。出来れば良い環境で育ってもらいたいと思うはず。

小中学校に通う家庭の平均年収の調べ方

小中学校に通う家庭の平均年収の調べ方について説明します。

 

とにかく良い小学校に入れたいという方は「住まいサーフィン:首都圏の高学歴な親が選ぶ小学校区ランキング(2017)」をご覧ください。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県のトップ10小学校を確認することができます。

 

地域は絞っているんだけどその地域内でどの小中学校がいいのかわからない方は「住まいサーフィン:年収の高い小学校区・中学校区ランキング」をご覧ください。

会員登録(無料)が必要になりますが、各市区の小中学校の上位5校までが確認できます。

※会員登録しなくても各市区の1位は確認できます。

 

ここで小中学校の学区内を決定します。

小中学校の学区の調べ方

次に小学校と中学校の学区の調べ方です。

 

学校が近いからといって、必ずその学校の学区になる訳ではありません。
購入予定の物件からの距離で決まらないという事です。

わかったつもりで確認を怠ると、実は違う学区であることもあります。
また、学校の統廃合がなくても、学区が変更になっていることもあります。

 

事前に各市町村のHPから確認しましょう。

さいたま市の小学校別通学区域一覧です。
出典:さいたま市

こちらはさいたま市のサイトです。記載の住所に住んでいる学校が指定されています。

しかし、特定の地域は別の小学校への登校も許可されているようです。

さいたま市の小学校特定地域一覧です。年度毎に更新されている資料です。
出典:さいたま市

このように特定地域については許可校があります。ただし、平成30年度用となっているので毎年変更される可能性があります。

子供が2人以上いる場合、兄弟で別の小学校に行くことにならないよう注意する必要があります。

 

学区を含めた小中学校の雰囲気は「Gaccom 学校教育情報サイト」から調べる事も可能です。このサイトは小中学校の特徴から採用されている教科書の教材までかなり細かい情報が載っています。

住宅の住所から学区を調べる方法

住宅の候補がある程度決まっている。または、掲載されている住宅の住所から学区を調べる方法があります。

 

それは、「ジャパン ホームシールド:地盤サポートマップ」を利用すれば可能です。このような形でおおよその住所から検索して小学校区を確認できます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

最終的に流れをまとめると「住まいサーフィン:首都圏の高学歴な親が選ぶ小学校区ランキング(2017)」で小中学校の家庭平均年収を確認して、各市町村のHPから校区の住所を把握します。

そして、「Gaccom 学校教育情報サイト」からより詳しい小中学校の状況を見て最終的に住宅購入の地域を絞ります。

 

現在住宅購入を検討しているあなたのお役に立てれば幸いです。

最後までありがとうございましたm(_ _)m

コメント